DIY・日曜大工でリフォームをされる方に有益な情報・・・
        一歩ふみこんだdiyを応援するサイト                 diy-enjoy
                        │ InfoLinkProfileMail │      

外壁

モルタル外壁の塗装を考えていらっしゃる方へ

年月が経過するとひび割れが入ったり、表面を触ると手に白く付く等、症状が見られるときは、塗装時期と言われています。

そして、一般的には塗装されるわけですね!。
業者に依頼される方もそれで良いと思いますよ!。

ただ塗装されている物件を見ていると、なかには材料が不適切で早い時期にひび割れが入ったり又、
塗装皮膜が薄いため一年も経過していないのに、塗装されたか判らないようなものもあります。


在来工法の木造住宅で、モルタル塗り外壁の塗装を業者に依頼される方は、次の二点をチェックしましょう。

@弾性塗料を指定しましょう。

セラミック塗装は高価でしかも建物のゆれにより、ひび割れが入ることがあります。
(良心的な業者の方が指摘されています)

A見積書に塗料の使用量の記載を求めなお、使用の確認をしましょう

塗装の皮膜の厚さの確認は出来ません。
塗料は溶剤で薄めれば使用量は減らせます。

具体的には、塗料の缶に連番を記入してもらい、空き缶の確認をします。
(これも良心的な業者の方が指摘されています)

訪問での飛び込み営業の業者は、すべてだめとは言えませんが、必ず複数社の見積りを取り、他と比較した方が良いと言えます。
外壁の状態にあった見積りをだしてくる業者は信頼できるかと思います。
塗料の効能の良さ、シリコン・セラミック・フッ素など強調している業者は慎重に検討しましょう。
価格が異常に安くないか!高かくないか!
下塗り何回、上塗り何回と記載してもらい、比較します。
工事内容が適切か判断できます。

結局、安い見積りは、工程を省き使用材料を減らしているだけの事じゃないでしょうか、
通常は8缶から10缶ぐらいが使用量になります。

安く出来る要素としては、メーカー廃番塗料が安く入ったり、足場が他の作業場の分で流用出来た時の足場代の負担割合が少なくなった時ぐらいです。





ニュースサイト】                    【coffee break】    【To p
>> Yahoo!Japan  Google 日本

木材・住まいリンク集
  
>> 木工資料館
>> 木材図鑑
>> 家具木工検索
>> 住まいリンク

Webコンテンツ
あなたのサイトを生まれ
  変わらせましょう!

  詳しくは!
>> Webサイト構築心強い味方

手軽なバックアップ
>> お役立ち情報
関連情報




  1歩ふみこんだDIYを応援するサイト  diy-enjoy  DIYエンジョイ  【サイトマップ】    
copyright(C)2004 diy-enjoy all rights reserved