DIY・日曜大工でリフォームをされる方に有益な情報・・・
        一歩ふみこんだdiyを応援するサイト                 diy-enjoy
                        │ InfoLinkProfileMail │      

耐震

緩み補正と金物の追加

地震対策

木造住宅は年月を経過すると、柱などの構造物も、痩せて細くなります。
天井裏や小屋裏の金具のボルトナットは、緩んできます。

一番安くつきますが、耐震補強と言うより、落ちている耐震性能を、新築当時の状態に戻す、と言うことになります。

実際の作業は、

  • まず床下にもぐり、
    コンクリート基礎と土台を締付けているナットを、増し締めします。
    床下は少々辛いですが、全面作業できます。
    火打ちが不足していれば、この際取り付けましょう。まず足元をしっかり!って、とこですね。

  • 次に天井裏ですが、
    ここは作業口付近、以外はムリです。必要な部分に、天井点検口(あるいは二階の床下点検口)を設置してからの作業になります。

  • そして小屋裏の緩み補正と金物の追加を、
    行なうことになります。
    ボルトナットの締付け後は、金物の追加です。
    接合部は金物を使用し補強します。
    梁(はり)と束柱の浮きを金物で締付ける事も、やります。
    金物はプレートや筋交い金物、折れ金物、平金物等使用しますが、Zマーク表示金物など耐力・品質が確かめられているものを使用しましょう。


小屋裏の移動用に私は、専用の足場を作って用意しています。幅20センチほどのコンパネを補強して、2枚で自由自在に移動しています。
天井を破ったり、ましてや怪我でもしたら大変ですからね!













ニュースサイト】                    【coffee break】    【To p
>> Yahoo!Japan  Google 日本

木材・住まいリンク集
  
>> 木工資料館
>> 木材図鑑
>> 家具木工検索
>> 住まいリンク

Webコンテンツ
あなたのサイトを生まれ
  変わらせましょう!

  詳しくは!
>> Webサイト構築心強い味方

手軽なバックアップ
>> お役立ち情報
関連情報
SOHOの味方・格安広告
メルマガ広告や掲示板の代りに
>>ブログのトラックバック広告


お勧め書籍

日経アーキテクチュアdoor 地震に強い家 (日経BPムック―door-住まいをもっと知りたい人の-)



  1歩ふみこんだDIYを応援するサイト  diy-enjoy  DIYエンジョイ  【サイトマップ】    
copyright(C)2004 diy-enjoy all rights reserved